ご予約はこちらへ ご相談はこちらへ

オーラルフレイルって何かな?

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

暑さもひと段落したのでしょうか?もういいですよねぇ。。。

最近よく耳にするようになった「オーラルフレイル」とは、どんなことでしょうか?

英語で「オーラル」は『口腔の』、「フレイル」は『虚弱』を意味します。
簡単にいうと『口を介した体の衰え』のことです。
年齢を重ねて足腰の筋力が低下するのは、一般的にごく当たり前のことですが、『口の衰え』が身体全体、さらには精神的な部分や社会的な面も含めて、健康と大きな関わりがあるのです。
特に高齢者の方の衰えについては、介護が必要な状態にならないようにと、身体を動かして鍛える、あるいは筋力を維持することの重要性がフォーカスされがちです。でも実は健康を維持するには、口も大切な役割を果たしているのです。

口が担う大切な役割とは、どんなことですか?

おもに2つあります。
(1)食べ物を噛んで飲み込む栄養摂取の入り口
(2)会話を行うコミュニケーションの窓口
です。

やはり口の重要性というと、食べること、栄養摂取の部分が真っ先に思い浮かぶと思いますが
人と会話をするも大切ですね。
コミュニケーションに支障をきたすこともあり、そのことはとても大きな問題といえます。

そもそも「オーラルフレイル」は、口の中の食べ物を飲み込む嚥下機能や、舌や唇を動かす力やスピードといった口腔機能の低下によって『うまく噛めない、咀嚼ができない』という悩みからはじまります。

うまく噛むことができないと、食べられない食品が増えるため、食事量や食欲が減少していきます。
栄養が摂取できなければ身体は弱ってしまいますよね。
加えて、口を動かす機能の低下は発音や会話がスムーズにできなくなってしまうため、人と会ったり外出したりすることが次第に億劫になってしまいます。
口の機能の低下が、人との関わりの減少にまでもつながってしまうのです。

家でじっとしていては、運動量の低下はもちろん、体のさまざまな機能も衰えていきます。やがて日常の生活動作でさえも困難になりかねません。また社会との関わりが薄れることで、行動意欲の低下にもつながり、活発さも失われます。
口腔機能が低下した末に、うつっぽくなって家に閉じこもりがちになる……というのは、ありがちな話です。食べる、話すという口を動かすことは、精神的な部分ともかかわりがあるのかもしれませんね。

ところで、高齢者に食べこぼしなどが多いのは、「オーラルフレイル」が要因の多くを占めると言われています。

高齢になると、歯磨きや自分の口腔内のケアやチェックが上手にできなくなりがちです。
その結果、口腔内が不潔になり、歯周病やむし歯が増えます。
歯周病やむし歯で歯を失うと、より一層噛む力が低下します。すると、食べこぼしや噛み切れない物が増えて、体内に取り入れることができなくなってしまいます。

ちなみに、残っている歯の本数と、咬合力(歯を噛みしめたときの力)や咀嚼力には密接な関係があるとされ、一般的に残存歯が20本未満になると、咬合力はガクンと低下します。歯が少なくなると、やはり「オーラルフレイル」に陥りやすくなるのです。
お口周りの機能や歯を健康に保つって大切ですね。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/