京急空港線 糀谷駅から徒歩1分「くすのき歯科医院」

くすのき歯科医院へのご予約はこちらへ くすのき歯科医院へのご相談はこちらへ

メタルフリーって何だろう?Vol.2

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

酷暑、猛暑のピークも越えましたが暑いですねぇ。
それ以上に蒸しますねぇ。。。。もぉ亜熱帯ですからっ(@_@)

前回メタルフリーについてちょっと説明させていただきました。
金属以外のもの。。。CADCAM冠はじめセラミックなど色々ありますがそれは今ネットで調べたら
たくさん出てきますね。

ところで合着と接着ってご存知ですか?

金属かセラミックかを選ぶ際に、もうひとつ知って頂きたいことがあります。
それは、金属やセラミックが歯と、どのように接合しているかということです。

実は、保険で治療する金属は歯にはまっているだけで、歯と一体化している訳ではありません。
セメントが歯と金属の間を埋めて、その摩擦力ではまっているだけ。

残念ですが、時間が経ってセメントが劣化し溶けてくると、隙間ができて金属がはがれてきます。

また、歯との隙間に徐々に細菌が浸入し、2次カリエスという、新たな虫歯になることがあります。
なので、歯につめた金属は、平均約7年で外れたり虫歯になってしまったりして
ダメになると言われています。

それに対し、セラミックはレジンセメントを介し、歯と一体化するため、
隙間から細菌が浸入することがありません。

このような歯との接合の仕方を金属は『合着』と言い、セラミックは『接着』と言います。

金属の『合着』には限界があり、虫歯の再発、金属アレルギーの発症など様々な不具合を引き起こしてしまいます。

たしかに保険治療は、治療費を抑えることは出来ます。
しかし、保険通用となる銀歯での治療は、見た目だけでなく、アレルギーの問題、天然歯への影響、
2次う蝕(むし歯)の発生など、長い目で見れば、治療費も決して安くはありません。

歯の治療には様々な方法と素材があります。
それぞれ皆さんの考え方でチョイスしていったらいいのかなと思います。

当院では現在金属でもセラミックでも接着システムの材料を使っています。
無題

index_pic_main01
皆さんが保険外の治療ができればそれに越したことはないですがやはりそれぞれに事情や考え方がありますよね。
なので詰め物や冠にたとえ保険の金属をチョイスしたとしても間を繋ぐ、隙間を埋めるだけのものではなく
接着剤が歯と一体化すれば少しでも2次カリエスを防止できるのではないかとの思いからです。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
くすのき歯科 HP
https://kusunokishika.wordpress.com/