ご予約はこちらへ ご相談はこちらへ

残存歯数と認知症との関係

大田区京急糀谷駅前のくすのき歯科です。

本格的紅葉の季節がやってきましたね。そろそろ東京でも楽しめるころでしょうか?

とはいえ私は花より団子ですが。。。

高齢化社会の到来と言われて久しいですが、訪問診療に行っていると本当に長寿社会だなぁと実感します。
最近の研究調査では、噛める歯を維持することで認知症の予防に効果がある事が明らかになってきました。

厚労省の発表によれば、【噛む能力が弱く、かかりつけの歯医者さんが無い人ほど認知症になる確率が高くなる】という研究結果が出ています。
残存歯が20品以上の人と比べて、数本しか残ってなくてしかも入れ歯を使っていない人の認知症リスクは1.9倍に、かかりつけ医院のある人に比べて、ない人の認知症リスクは1.4倍だそうです。

残存歯数と認知症との関係 -くすのき歯科医院-

歯を失う一番大きな原因は歯周病です。

認知症予防の為にも一本でもたくさん歯を残していきたいものですね。

そしてなんといっても自分の歯で何かを食べるっていうことが一番おいしいし幸せじゃないかなと思います。
もし何か歯に違和感を感じたらそのまま放置せずに歯医者さんを受診しましょう。

歯周治療はクリニックの中だけでなく、患者さん一人一人の状態合わせて、お家でも再現できるようにブラッシングの仕方を指導させて頂いています。

毎日のお手入れが大切なのですねぇ。
今ある歯を健康的に残していくために定期的な検診を癖付けするといいですね。
床屋さんや美容院に行くように~。
是非是非定期検診をお勧めしますよ~。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 
03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/