ご予約はこちらへ ご相談はこちらへ

歯科治療とお薬手帳

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

みなさん花粉症は大丈夫ですか?そろそろそろそろ忍び寄ってきてはいませんか?
わたしもそろそろお薬をいただきにご近所お医者様に行こうかなぁと思っているところ

ところで皆さんが歯科医院を訪れるのは。。。
きちんと歯の手入れをされる方は、定期的に治療、検診してらっしゃるでしょうし、
突然痛み出してから大慌て、なんて方も多いのではないかと思います。

さて、そんな時あなたはお薬手帳を歯医者さんに見せていますか?

「血液サラサラの薬飲んでるけど、そんなの歯医者には関係ないでしょ」
「1週間に一度、骨の薬飲んでるのだけれど、見せる必要あるの?」
そうですよね、関係ないですよね。と、言いたい処ですが
それは大まちがいなんです。

上記の例でお話しますと
血栓予防薬(血液サラサラの薬)服用中の抜歯は、出血が止まらなくなる可能性がありますし、
骨の薬の場合、種類によっては服用中の抜歯で後遺症が残る事もあります。
特に、ビスホスホネートと言う種類の骨の薬は、週に一度や月に一度の服用で良いと言う手軽さから、多くの方に服用されています。

元々は、同じ成分で薬剤濃度の高い注射薬の副作用が注目されていたのですが、内服薬の一般発売から10年が経過し、長期間服用している方にも同様の副作用が報告され始めています。

誤解しないで頂きたいのですが、これらの薬は決して怖い物ではないという事。

ご自身の服用している薬剤をお薬手帳にしっかりと記録し、それを各医療機関で提示して頂くことで、安全に治療を受ける事ができます。

当院でもお薬手帳の確認をさせていただいております。
初診の時、服用薬が変わった時など必ずご持参ください。

治療内容によってはかかりつけのお医者様に問い合わせをさせていただく場合もあります。
それはご自身が安全に歯科治療を受けるための大切な要素です。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 
03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/